知っておきたい住宅売却に関する知識

住宅売却は真剣に考えたいですね。


知っておきたい住宅売却に関する知識

住宅売却が決まったらするべき3つの事

住宅売却をするときは、分からないことが多いですよね。
まず、何から始めたらいいのかわからないという方も多いと思います。
よし売却するぞ、ということになったら、とりあえず以下の3つの事は早速してください。
1.売却を依頼する不動産会社を決める
2.その住宅を買った時に作った書類一式を用意する
3.大体でいいので、相場を調べておく
売却する人は様々な事情がありますが、上記の3つは絶対に必要です。
余剰資産売却の時も必要です。
1の説明は省きます。
大手でも地場の不動産会社でも好みで決めてください。
2は、その物件の権利書や登記簿謄本、物件を買ったときの売買契約書、引渡確認書等です。
貴方が確かにその物件の持ち主であるということの照明と、抵当権がついていたりしないかどうかの確認に必要です。
あと、もし家の間取り図があるなら、不動産会社にコピーをあげてください。
不動産会社はそれがあると、ネットに載せるための間取り図を作成するのが楽になります。
無ければ無いで構いません。
3は、悪い不動産屋にだまされないためです。
自分の自宅がいくらくらいなのかは知っておきましょう。