押さえておくべき業務用エアコンの相場

業務用エアコンについて、家庭用と違い、メーカーはあまり知られていません。業務用エアコンのメーカーは会社によって売りにしている部分が異なるのでどのメーカーが当てはまるのかを探すと良いでしょう。業務用エアコンでダントツのシェアを持つメーカーがあります。アフターフォローが早くメンテナンスの受付が24時間あるのはこのメーカーともう1社だけです。しかし、高価である為、金額を押さえたい業者には敬遠されがちです。価格以外は一番お勧めできるといえます。もう一つ先ほども出た、24時間サポートをしている業界ベスト2のメーカーがあります。人感知機能が有名で、どんなところにも適していて、高齢者施設や幼稚園などではお勧めとされています。家庭用エアコンにも広くシェアを多く持つ隙のないメーカーと言われています。

業務用エアコンのメーカーの強みに注目して探しましょう

1、2位のシェアのメーカーは24時間サービスが売りでもありました。3位のメーカーは「価格が安い」ことが強みと言えるでしょう。ここ最近の業務用エアコンはメーカーが違っていても性能にそんなに差はないとも言われています。このメーカーは家庭用のルームエアコンでは第1位のシェアですが、業務用エアコンでは5%ほどのシェアと、知名度はいいとは言えません。しかし、家庭用での実績があり、エアコン自体も粗悪なことはなく、サポート体制も良いので、価格が安いことがこのメーカーの最強の武器であると言えます。新規出店する店舗や小規模オフィスなど空調にハイレベルな物を求めていない方が多く、小規模な接客業向けには最適です。次に4位のメーカーは特に目立つ点がないメーカーですが悪いところもなく、オールマイティ型といえるでしょう。

業務用エアコンのメーカーの違いを見ましょう

5位のメーカーはメンテナンスフリーを売りにしています。サポートが弱点と言われますが、価格の安さで言えば、メーカーの中でダントツの一番といえるでしょう。しかし、業務用エアコンが必要な飲食店や小売店ではメンテナンスフリーといわれる、サポート体制が好まれず、敬遠されることがあるようです。また別に、もう一つ価格で勝負しているメーカーが6位にあります。このメーカーは10年以上使用可能な業務用エアコンメーカーの中でもトラブルが起こってしまう確率が割と高いということが、この順位になってしまったことの大きな要因でしょう。2位のメーカーと同系列のメーカーなのですが空調の分野への力の入れ具合が異なる為、質が異なり、似た名前から、間違えて購入してしまい、トラブルが多かったからよく見たらこのメーカーだった、などということもあるようです。