簡単に業務用エアコンを設置する方法

夏の暑い日や冬の寒い日でも、私たちが快適に過ごすことができるのは、エアコンを常に稼働させているためです。定期的にメンテナンスを行っていれば、長期間使用することができます。エアコンが設置されている場所には、自宅はもちろんのこと、ショッピングモールや職場、電車の中など様々です。では、家庭用と業務用エアコンには違いがあるのでしょうか。この2つの構造上の違いはほとんどありません。しかし、家庭用と違って業務用の方は、馬力の幅が広いという点です。そのため、職場の広さや環境などによって適した馬力を選ぶ必要があり、その分費用も掛かってしまいます。できる事なら、短時間で費用をおさえて設置したいですよね。ここでは様々な型の中から、比較的簡単に設置できるエアコンの型を取り上げたいと思います。

さまざまある業務用エアコンのタイプ

業務用エアコンには、様々な型があります。床置き型、壁掛け型、天井に吊るす型、天井に埋め込む型などです。エアコンを設置するにあたって、まず設置したい場所の広さについて、考えなければいけません。床置き型や壁掛け型、天井に吊るす型の場合、メンテナンスは比較的行いやすい利点はありますが、内観を損なわれてしまう可能性があります。一方、天井に埋め込む型は、設置したとしても目立たず、内観を損ないません。しかし、メンテナンスは簡単に行えず、専門業者に頼んでメンテナンスしてもらう必要があります。また、馬力の方も確認が必要です。家庭用エアコンが2馬力程であるのに対し、業務用エアコンは1.5~20馬力までと幅広く対応しています。これについては、設置する場所の環境、例えば、ドアの開閉が頻繁に起こるような所なら馬力は強い方が適している、など、状況に応じて決めていくと良いと思います。

比較的簡単に設置できる型はどれなのか

様々ある型の中から、どのタイプが比較的設置しやすいのでしょうか。床置きタイプ、壁掛けタイプ、天井に吊下げるタイプが設置しやすいと考えられます。天井に埋め込むタイプは、天井に穴をあける工程が増え、費用も時間もかかってしまうからです。さらに先ほどの3つのタイプの中で、比較的簡単に設置することができるのは、天井に吊り下げるタイプのエアコンになります。短時間での設置のため、その分の費用は低くなりますし、メンテナンスも難しくないことから、維持費は天井に埋め込む型と比べると低コストです。エアコン業者はたくさんおりますので、もし決まらないなどがあれば、業者に相談してアドバイスをもらってもいいですし、いろいろな業者から見積もりを出してもらって決めても良いと思います。自分の職場の雰囲気やイメージに沿った業務用エアコンを見つけていきましょう。